読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカイと僕の相性は

Botches, Be Ambitious. 一人でコソコソとマシな生き方を考えてます。

AKB握手会は恋愛を止めない、クローズアップ現代批判について

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000008-jct-soci&p=1

 

クローズアップ現代の話題です。

 最近の若者は恋愛を必要と感じておらず、恋愛をめんどくさい、億劫だと感じているという趣旨のNHKの番組。

 番組の後半で、「恋愛はめんどくさいとブレーキをかける要因」を挙げたパネルが紹介され、「ストーカー、DV」「セクハラ」「メイドカフェ、漫画」と並んで「AKB握手会」が紹介された。

 それに対して、

  「AKBを過大評価しすぎ。あんなもんごくごく一部のオタがくらいついてるだけ。しかも若者じゃなくておっさん」
  「大半のファンは恋愛できないからアイドルに走るわけで、順序が逆 」
  「原因じゃなくて結果だろ。あれは恋愛競争市場から溢れた奴らの擬似救済システム」

などといった指摘がネット掲示板に書き込まれているというニュース。

 詳しくは、元記事で。必ず元記事を読む癖は大切だなーと最近思っています。

 

 僕の意見としては、「原因じゃくて結果だろ」がかなり的を得ている、というより全てかなと。でも、その考えでいくと、他の「要因」も結果のものが混ざっているかなとも思います。

 「要因」という書き方が良くなかったのではないでしょうか。

 

 僕は少し現代思想や批評に凝っていた時があったこともあってか、番組を見ていてあまり違和感を感じませんでした。

 現代思想などは、社会や作品の中などの構造を明らかにするために、表象に注目します。具体的なものから抽象的な考えを抜き出す、社会現象や作品内の出来事から社会や作品の構想や傾向を明らかにするのです。

 若者は恋愛に期待せず漫画やオタク文化などの疑似恋愛や断片的なコミュニケーションを望む(漫画、メイド喫茶、AKB握手会)。

 これらの表象が起こる理由として、若者は恋愛にネガティヴなイメージがある(恋愛結婚したバブル世代の親が幸せそうじゃ無い、セクハラ、DVが話題になるなど)。

 クローズアップ現代は、これをやりたかったのですが、不注意か視聴者のためにわかりやすく噛み砕いたのかして、同じパネルに並列に並べてしまっただけではないでしょうか。

 

 具体例から抽象的な主張を導き出す。世界をモデル化して構造に注目しながら大きな流れで捉える。

 このやり方はもはや多極化した現代では古いのかもしれませんね。

 具体例の事実確認や重箱の隅が突かれて話が僕も進まないことがあります。

 そもそも完璧に適合しないから具体例と呼ぶのであって、それを複数並べて共通項を生み出して不完全性を弱くしたいんですけどね。

めんどくさい事実確認や例外部分の説明ばかりして話が終わってしまうことは多いです。

(飲んでる時の最近の若者は云々論で、80年代とか昔は〇〇で今は〇〇、といえば、それ80年台後半から90年代だよ、みたいな)

 再びそもそもですが、多極化してるということは、主張も多極化してるので論理的に破綻してなければ問題がないと思ってます。

 どれか一つが正しくて、その通りに生きれば正義の味方って時代でもないと思うんですけどね。

 全てが相対的に並列して並べられるインターネットに象徴される現代で名無しは相変わらず近代的だなあと。

 親や先生の喜ぶ堅実で常識的な真面目くんを貫いても、親の年収超えない時代なんですけどね。

 論理をこねるより、マイルドヤンキー論のような「あるある話」や感情のこもった世間話、常識の同調圧力の陰口の方が好まれるのかもしれませんね。

 

 

 近代と現代の話はまた今度、考えがまとまれば。若者の断片消費についても。

 

 

ただの愚痴でおそらく支離滅裂ですが、徹夜の勢いで投下します。

 

ではでは。